予想で1番大事なのは、何処にリソースをつぎ込む事が有効か判断する事。違う方向に努力をしても無意味な事に、早く気が付いてほしい。今週も予想ポイントを掲載してみようと思います。


【ドルコスト平均法馬券術】とは、決められた馬券種を、決めたルールに従い、決めた点数を買い続ける。つまり一定の馬券種を、一定の予想方法で、一定の金額にて、一定の期間に購入する手法。


軸馬は各クールのフェーズによって的中重視~回収重視を使い分けますが相手馬は枠順、状態血統内部情報、バイアス、騎手、厩舎、オッズ異常、時計、外厩の10項目を加点計算で算出して上位7頭の中から、平均&最高能力指数の高い5頭を選んでいます。最後に主観の入らない能力指数で2頭減らし、5頭選ぶ事によって一定の精度が保たれています。


阪神大賞典賞では赤字で記載した4項目の加点比率を上げるレース。逆にアメリカJCCでは血統(ステイゴールド系)、騎手(関東騎手)、バイアス(外差し)の3項目の加点比率を上げて11人気マイネルファンロンに印を回しました。




阪神大賞典の マイネルファンロン候補


人気ブログランキング








2021年 秋のG1無料予想はいかがでしたか?

G1 12戦4的中

投資金額 360000円

回収金額1002450円



私が公開した買い目をそのまま購入しただけで秋のG1では約回収率300%を達成。年明けから有料予想を開始していますが、流石に1ヵ月や10重賞程度で私の馬券の価値を判断して欲しくありませんので、1年を4分割しての会員募集は当然の流れ。


詳細はコチラ迄 
投資【ドルコスト平均法馬券術】  


※今週は消費税サービス週間です