【ドルコスト平均法馬券術】
軸馬は置かれる立場のフェーズによって的中重視~回収重視を使い分けますが相手馬は枠順、
状態血統、内部情報、バイアス、騎手、厩舎、オッズ異常、時計、外厩の10項目を加点計算で算出して上位7頭の中から、平均&最高能力指数の高い5頭を選んでいます。

最後に主観の入らない能力指数で2頭減らし、5頭選ぶ事によって一定の精度が保たれています。




当方の仕事は10項目の精査。

枠順
馬の並びや過去傾向、先週の傾向を踏まえて算出

状態
客観的ではなく時計面や本数など事実だけに目を向けて算出

血統
過去のレース傾向と今開催の傾向を踏まえて算出

内部情報
簡易的な関係者情報を考慮(今後強化課題)

バイアス
内伸びや外差し。前残りやタフ馬場などを考慮。

騎手
コースの得手不得手。枠の得手不得手などを考慮。

厩舎
コースの得手不得手。遠征の得手不得手を考慮。

オッズ異常
今回よりも、前走の以上に注目。

時計
時計が出る馬場状態により加点率を大きく操作

外厩
基本的には芝ならノーザン関係。帰厩直後の成績は考慮。




投資の話しになりますがS&P500のように上記10項目を常時入れ替えして最適化し、7頭選出してから、
平均&最高能力指数の高い5頭を選んでいます。最後に主観の入らない能力指数で2頭減らし、5頭選ぶ事によって一定の精度が保たれています。


★下半期会員募集開始(既に現会員様へは下半期の案内開始)
投資【ドルコスト平均法馬券術】  



七夕賞 時計勝負穴馬を公開。

詳細はコチラ迄 
投資【ドルコスト平均法馬券術】